若い肌を維持するための努力

透き通るような白い肌だったときに比べ、加齢と伴にシミが増えるのは、辛いものですよね。かつての自分のような若いきれいな肌をみると、輝くばかりにきれいで、妬みたくなってしまうのです。ちょっとでも若い肌を維持するための努力は今からでも遅くないと頑張って、シミが増えてガッカリなんてことのないようにしたいなと思います。

ご存知の通り、シミの要因は紫外線や老化といわれているので、UV対策とエイジングケアを忘れずにやります。顔を1日何回洗うのが1番よいのかおわかりでしょうか。

ズバリ答えは朝晩の2回です。

これより多くの回数の洗顔をすることは肌にダメージを与えてしまう要因となります。すればするほどその分丈夫になるワケではなく、2回を限度とするのが美肌への道のりなのです。

一日最低2リットルの水を飲向ことが全身の代謝を活発にすると考えられています。お肌のことを考えても、水を飲向ことは大事です。水分不足はお肌の血行を悪くし、老廃物がお肌にたまるので、くすみやシミを引き起こしてしまいます。

さらに、肌の乾燥を引き起こし、くすみばかりかシワも目たつ結果になりますので、特に女性は水分不足に注意して下さい。肌に皺ができる原因のひとつとして日光(紫外線)はケアしているのに、乾燥は意外と我慢している人が多いんです。肌の水分バランスが崩れてくると、部分的に脂性になったり、シワがでやすくなります。目尻や目の下は顔の中でも代謝が少ない部分なので乾燥の影響が表れやすく、もっとも早く皺ができる場所と言われています。

若いころに比べるとコラーゲン、ヒアルロン酸などの保湿成分が減るため、シワ予備軍とも言うべき肌のたるみが表れやすくなり、それなりの対策が必要になってきますね。秋冬の乾燥しがちな季節は持ちろん、エアコンがガンガン効いた夏場もお肌へのダメージは大きいものですよね。

しかし、日々のスキンケアは意外と面倒なものです。そんな時に役たつのがオールインワンという商品です。近頃のオールインワン化粧品は大変出来がよくて、おまけにベタつくこともなく、保湿もきちんと実感できるのが嬉しい限りです。実際、乾燥肌の方はたくさんいらっしゃるのでしょうねが、スキンケア方法を変更するだけでびっくりするくらい肌質が改善します。洗顔石鹸のもこもこ泡で洗浄し、ぬるめのお湯で洗浄することでお肌を乾燥とは無縁にする事ができるのです。逆に、乾燥肌に良くない洗顔方法は洗顔シートで拭き取ってしまうことです。必要な皮脂まで拭き取ってしまうので、このスキンケアはお奨めしません。洗顔、スキンケアには保湿が一番肝心です。

お風呂に入ると水分が肌からどんどん外へ抜け出ていきます。そんな肌を乾燥から守っていくために、化粧水、乳液を使った後に保湿クリームの使用を推薦します。

夜保湿クリームを使うと肌への潤いが朝まで続き、お化粧のノリも格段に良くなります。スキンケア方法としては、化粧水でたっぷりと保湿した後、必ず乳液を付けて、補給した水分を逃さないようにお肌にふたをします。

それに、お肌の内側からも、潤いを与えることが必要なので、一日で2リットル程度の水を飲用するようにしてみて下さい。

そうやってお肌をしっかりと保湿して、ハリのあるお肌を取り戻しましょう。毛穴のお手入れに大切なのは肌の水分量を保つことです。スキンがドライになると毛穴が気になってきます。

毛穴をきれいにするに洗顔がとても重要です。

空気をたくさんふくませた泡で、そっと洗います。また、3日おきに、ピーリングをすると肌が生まれ変わるのを助けます。それから保湿ケアを行ない、毛穴を閉める、毛穴のお手入れをして下さい。お肌の乾燥対策には、洗浄力がほどほどの、刺激の少ないクレンジング剤を使うようにしてみて下さい。落ちにくいところは適したリムーバーを使い、肌荒れにならないように注意して下さい。洗顔もゴシゴシと洗ってはいけません。キメ細かな小さな泡をたてて丁寧に洗い、なるべくぬるめのお湯でしっかりと流しましょう。